士業のプロにお任せ~税理士がお悩み叶えるゼイ~

税の専門家になる

税理士となるためには

Businessman

税の専門家である税理士は、その独占業務として税務申告書類の作成および税務署への提出、税務相談が行えることとされています。税理士となるためには、基本的に難関の国家試験に合格する必要があります。税理士試験の特徴としては科目合格制を採用していることが挙げられ、全科目トータルで合否を判定するのではなく、試験科目ごとに合否を判定する制度となっています。一度合格した科目については翌年以降も効力が継続し、既定の科目数を合格した時点で最終合格という形になります。そのため、1科目ずつ地道に合格を目指すという受験者も多いという特徴があります。士業は定年がないため、弁護士などの他の士業と同様に、近年では税理士も供給過多で競争社会になってきているといわれています。

新規顧客の開拓について

近年では、税理士資格を有して開業しているというだけでは必ずしも十分な報酬が約束されている状況ではなくなってきています。優良な顧問先を抱えていない新規開業者の場合、新たな顧問先を自ら開拓していく必要があります。そのため、新規創業や起業希望者に対する相談業務などに力を入れている税理士も増えてきているといわれています。また、相続税制の改正に伴い個人からの遺産相続絡みの相談も増えることが見込まれるため、相続分野に力を入れている税理士も増えてきています。税理士への相談にあたっては、近年では無料の見積サイトや比較サイトなどを利用して、どの税理士事務所に相談するのかを選択する人も増えてきているといわれています。